2008年3月25日火曜日

胡弓奏者 王 霄峰

学而時習之 不亦説乎 有朋自遠方来 不亦楽乎 人不知 而不愠 不亦君子乎

昨日は13年ぶりに懐かしい人と会いました。
胡弓奏者の王くん・・・友人の紹介で知り合った頃の彼はまだアルバイトをしながら千葉大学に通っていました・・・今では立派な胡弓奏者として演奏会や個人レッスンなどで飛び回っているそうです。

初めて会った時、中国人特有のアクセントも無く、非常に日本語がうまいなぁって印象がありました。幼い頃から国家第一級胡弓奏者のお父さんに胡弓を仕込まれた耳の良さからでしょう。

今でこそ資本主義的な考え方や自由な風潮が多くなった中国ですが、まだまだ思想的に政治的な縛りのあるころでした、しかし、王くんは非常にリベラルな考えを持ち、何でもフランクに話しのできる存在でした。当時は映画づくりや写真に携わりたいと夢を語っていましたが・・・蛙の子は蛙・・・父、王全忠のDNAを色濃く受け継いだのですね。

それにしても13年ぶりに会ったのに、全く時の経過を感じませんでした。あの頃のままのシャイな笑顔を見て、何か胸の辺りがあたたまる想いでした。和食屋さんに入り、昔話から近況まで3時間ほど食べるのも忘れて話しっぱなし・・・久々に楽しい時間でした。

4月25日には代々木上原で演奏会をすると言うので、是非聞きに行きたいと思っています。
http://www.erhulive.com


2008年3月24日月曜日

最高のエンターテインメント「ドラリオン」


昨日娘二人とシルクドソレイユ「ドラリオン」を観てきました。
シルクドソレイユは14年前に初来日した時の「サルティンバンコ」を観て以来です。

原宿駅から代々木公園内の国立代々木競技場となりに大きなテントが設営されています。都会の真ん中にある大きなテントを観るだけで何やらワクワクドキドキしてくるのはなんでなんでしょう。小学生の頃観た木下大サーカスの思い出からか、テレビで見た世界のサーカスの記憶か? 何故かサーカスって言葉を聞くだけでときめきます。しかし、シルクドソレイユはサーカスの域を超えたホンモノのエンターテインメントでした・・・。開演からあっという間に非日常の世界に引き込まれ、3時間弱のトランス状態を経験しました。

「ドラリオン」は東洋のドラゴンと西洋のライオンを合わせた東西融合を象徴した造語だそうです。確かに中国の雑技団を思わせる演技やアラビアンナイトを連想させる音楽や衣装・・・アフリカや中近東、中国から演者を引き連れてシルクロードを旅して来た隊商が日本を訪れて来たようでした。

お決まりの道化師の登場で始まり、まだ中学生ぐらいに見える中国系女性の驚異的なハンドバランシング、超高度なジャグリング、秋田の竿燈を思わせるバンブーポールズ、スリル満点の近代的空中ブランコ、見た事も無いようなスピードトランポリン、新しい演出の玉乗り、シンプルながら訓練と熟練を要する輪くぐり、天井からたれる2本の布を使ったスリリングな演技、究極の縄跳び・・・兎に角驚きの連続、エンディングでは鳴り止まぬ拍手に5度、6度アンコール登場し、手を振る演技者たち、拍手のし過ぎで腕が疲れました。

時間のある人には観て欲しいと思います。会う人ごとに観た方が良いよって行って回ってます。4月6日が最終日です。時間つくって観に行こう!!!

年頃の娘達とはあまり共通する話題が無く、会話も弾まないのですが、ドラリオンを観た後は少し話ができました。久々に娘達と共有できる体験ができた事が嬉しかった。

2008年3月17日月曜日

東京深川手延うどん 麺二朗


前にも紹介したキッチンジローの会長、小林二朗さんが子供の頃食べたおばあちゃんの手作りうどんを再現したくて、稲庭うどんや五島手延べうどん、讃岐うどん、播州手延べ素麺などなどのうどんづくりを勉強して考え出した新しい手延べうどんが日の目を見る日が近づいている。
北海道産の2種類の小麦をブレンドし、二朗さんが育ち暮らす東陽町の自宅1階をうどん工場に改造して他に無いコシと香りを持つ新しいうどん・・・「東京深川手延うどん 麺二朗」を創り上げた。
小林二朗さんは都内に直営で27もお店を持つ会長さんである。しかし、小林さんとか会長とか呼んだ事はない、いつも「二朗さん」と呼ぶ。仕事仲間の縁でお友達になり、今回のうどんづくりのお手伝いをすることになった。

東京深川手延うどんのロゴをデザイナーにお願いしていたものができたが二朗さんは気に入らない。墨で書いた書のようなロゴが良いかなぁなんて言われて、思い出した。書と言えば、縁あって会員として参加(実際はほとんど欠席の幽霊会員)している日経新聞社の書道クラブの守田先生がいる。昨年の毎日書道展で最高賞をとられた女流書道家である。守田先生はほとんど出席しない駄目会員の僕にも優しく(口は悪い、お酒が入ると更に悪いが・・・)接して下さる。今回のお願いも快く受けて頂き、二朗さん共々大感謝しているのです。

さて、写真は先生に書いて頂いた「東京深川手延うどん 麺二朗」・・・才能のある方は羨ましい、字を書くと言う事で人に感動をあ与えられるなんてすごい!

2008年3月16日日曜日

食の祭典・・・フーデックス




3月13日幕張メッセで開催されているフーデックスに行ってきた。毎年3月に開催される食品・飲料の展示会であるが、兎に角規模がでかい、日本中の食関連企業や各県の食材、日本に食品を売り込みたい世界中の企業や生産者が集まるのだ。
毎年顔を出すが狙いは世界中のワインの試飲、日本中のお酒の試飲・・・お昼前から夕方までイタリアワインにはパルマハム、スペインワインにはハモンイベリコ、マッコリには本場キムチ、焼酎には焼きあご・・・飲めや喰えやの大盤振る舞いとは行かないが、試飲試食でお腹いっぱい・・・ただ胃袋を満足させるために行くのではない。毎年新しい発見がある。

今年はエキストラバージンオリーブオイルのテイスティングのセミナーに参加した。30人ほど入る会場が満員である。講師はシチリアから来たオイルの専門家○○氏・・・オリーブオイルのテイスティングは五感を総動員して見るのだと・・「色」を見て、「香り」を嗅ぎ、最後に味を見る。

色は黄色から緑色まである、深い緑色が新鮮なオリーブの色だと言う、香りは33〜34度ぐらいに温めると最も香るのだ(オリーブオイルを注いだ紙コップを温めるように片手で持ち、香りを閉じ込めるためにもう一つの手のひらで蓋をする数分温めて手のひらを外し、コップに鼻を突っ込んで一気に吸引する。)3つのサンプルでテイスティング・・確かに全然違う、日本で出回っている多くのオリーブオイルと称されるものは本場ではオリーブオイルとは呼べない代物である。ホンモノは本当にオリーブの香りがする。

さて、最後の味見に入る・・オリーブオイルには甘みと塩分は全くなく、酸味もほとんどない、あるのは苦みと辛味であると言うオリーブオイルの特徴から講義に入る。この特徴を持つオリーブオイルを味わうために舌の構造から説明をされた。舌先で甘みを感じ、側部で塩味と酸味を感じる。肝心の苦みは舌の奥で感じるのだ。とするとどうやってテイスティングするのか・・・舌の先にオイルを乗せる感じで口に含み、「いー」の口をして、「シー」と音を立てて息を吸うのだ、おじさん族が爪楊枝を使いながら「シーハー」やるその「シー」を思いっきりやるのだ。まず教壇の先生が「シー」参加者30名があとに続いて「シーシーシー」
前の通路を通る人々が振り返る・・・それでも「シーシーシー」・・・この方法で舌先から奥までオイルが舌を這い上がって行く、オー苦みと辛味を感じる。これがオリーブオイルの味なのだ、オリーブオイルの98%〜99%は脂質で残りの1〜2%にポリフェノールや葉緑素が含まれている、これが味を作るのだ・・・良質のオリーブオイルは「シーシー」とやると舌の奥で苦みと辛味を感じる、デパートなどのイタリア展やギリシャ展で試飲をしているからやってみて欲しい、違いが解ります。あとは好みで苦みの強弱、辛味の多少で選択する。

今年も良い勉強ができました、それにそれに毎年の楽しみでもある各国、各店ブースのお奇麗なお姐さん達、今年のミスフーデックス(これは筆者の独断と偏見です)タイランドの美女二人、韓国マッコリの冴水さん。番外編でサモアのラグビー選手のような立派な美男子(?)二人・・・食の祭典なのに食品の写真が無くてごめんなさい。

2008年3月3日月曜日

蒋さんと言う人



昨日は友人の蒋さん宅で晩ご飯をご馳走になった。
1990年2月から5月に掛けてタクラマカン砂漠のチャリクリクからカシュガルまで1500kmを駱駝で横断した。日中合同の探査隊に参加したのだ、70過ぎの女性から18歳の学生まで約80名の日本隊と40名の中国サポート隊の総勢120余名の大所帯である。一人一頭の駱駝を入手し一日30kmの行程を7〜8時間かけてのキャラバンだった。約2ヶ月掛けた旅の行程についてはまたの機会に取っておく、あまりに多くの事があったから簡単には書ききれない。

話を戻すと友人の蔣さんはその時の通訳である。優秀な人で日本からの要人が訪中したときなどに通訳をする、北京広報電台(俗に言う北京ラジオ放送である)にいた人だ。
彼も沙漠の旅で大きく人生が変わった、日本隊の女性と恋の落ち、来日して結婚したのだ。紆余曲折あっただろうと思う。しかし、現在、奥さんと一男一女の父として、学校で中国語を教える傍ら、NHKラジオの中国語講座の先生も務めている。

今の中国はこれまでに無い急速な発展の中で、多くの成功者はにわか成金として、湯水の如く、公私の区別なくお金をばらまいている。中国では公費を私用で使う事など当たり前・・・みんなやっているから他人のそれを見ても何とも思わない。自分がその立場になれば同じようにする事だから・・・と。

そんな中、蒋さんほど有能な人材をほっておくはずが無い、当然のように彼の友人知人は儲かる仕事に誘ってくる。妻子のある身で収入が圧倒的に増える誘いは魅力的だ。しかし、彼はこれらの甘い誘惑を受ける事を潔しとしない・・・中国風に言えば「男子漢」なのだ、日本語で言えば武士の魂を持った男とでも訳すかな。武士は喰わねど高楊枝・・・と言うよりも、誇り高いのだ。

昨日は彼の手作り家庭料理、鶏手羽と干しマツタケの煮物、豚肉と野菜の炒め物、ジャガイモのピリ辛炒め、海老の炒め物ニンニク風味。どれも中国家庭の味がする。ビールのあとはマオタイ酒を飲みながらしゃべり通した、気がつくと0時過ぎ、慌ててタクシーで帰宅。
今ではどこへ行っても中国人に出会う。お店で働く中国人、秋葉原や銀座を闊歩するお金持ち中国人、芸術の世界でも、教育の世界でも・・・拝金主義の商売人と言う印象の中国人とは違う豊かな才能を持ち、友情や信義を大切にする誇り高い中国人がいることも知って欲しい。

写真は彼の長男と一男一女の足だ。